スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます。^^
にほんブログ村 住まいブログへ  

地鎮祭

アンティーク・ヨーロッパキッチン雑貨 cuivi 店主のTomoです。

10月吉日、地鎮祭を行うことができました。^^


敷地内には建物の外周に沿った地縄張りを済ませ、テントを張り、神主さんが祭壇を組んで行きます。


フレンチなお家_地鎮祭_祭壇の様子

この日の天気予報は雷雨。

それまではどんよりと重たい雲がかかった空から一転、
やわらかな陽が差し込んで来て、儀式の最中は10月の爽やかな風が吹く穏やかな秋晴れとなりました。

途中、施主であり設計者でもある夫の立場が微妙で、「苅始めの儀」をする? それとも、「穿初めの儀」?
と、ちょっと悩む場面も。^^;
結局、私が「穿初めの儀」をすることで丸く収まることに。



これからの建築工程が滞りなく進み、皆が無事で大きな問題なく完工しますように...(-人-)



地鎮祭を終え、そそくさと祭壇とテントを撤収。

地鎮祭の片付け

何故か一気に厚い雲が押し寄せ、辺りは見る見る真っ暗に。


この後、夕方にかけて嘘みたいなどしゃ降り。ホントデス^^;

不思議な空気を感じる一日でした。


長引いた確認申請も下り、銀行からは「融資の審査を通過しました。」と連絡が。

ようやく、先に進むための門が開きました。



 さぁ! 始まります。^^



たぶん。いや、きっと。 ^^;

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます。^^
にほんブログ村 住まいブログへ  

スポンサーサイト

家の骨格

アンティーク・ヨーロッパキッチン雑貨 cuivi 店主のTomoです。^^

設備周りや建材の発注をしながらも、工事契約、確認申請、銀行融資と、山積みの机上の手続き関係に追われています。
かなり慌ただしくなってきました。

着工も目前...のハズです。^^;

そんな中、家の骨格の3Dが出来ました。^^

我が家は在来工法で建てます。
レンガ貼りなのに木造?と、少し不思議に感じるかもですが、
在来工法は柱と梁を組み合わせる日本の伝統的な工法に強い影響を受けていて、開口部を広く設けることが出来るなど、複雑な立体のデザインをするうえで自由度が高いことなどがしっくりときました。

また、予め設計プランをしておけば、数年、数十年先には壁を抜き間取りを変えるなどの、将来を見据えたリフォーム計画を立てることが可能です。

家の骨格_東

東から。
数ある図面の中でも、竣工してしまうと決して見ることのできない木組みの集合体。
駆体のみのスケルトンなこの感じも、人工物としての完成された美しさがあると思うのです。



家の骨格_北

北側です。
こうしてみると、すごい本数ですねー。うん...。

この棟上げ状態はトンテンカンテンという打ち付ける音や職人さん同士の掛け声と共に、ほんの数日間、見かけることがありますよね。

現場ではたったの1日で組み上げてしまいますが、プレカット(工場での下準備)の打ち合わせには、それなりに日数がかかります。
職人さんにとって棟上げは最初の一大イベント、腕の見せ所です。


あーでもないこーでもないと、叩きまくってここまでようやく来たわけですが、
吹き抜けにある登り梁の本数も実際には増えています。
その見え方の、ほんの数センチの意匠も気になってしまい、例によってまだまだ設計調整中なのでした…。^^;


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます。^^
にほんブログ村 住まいブログへ  

プロフィール

cuivi

Author:cuivi
アンティーク&モダンキッチン雑貨 cuivi 店主のTomoです。

ハウスメーカーには依頼せず、設計士の夫と共に私達なりの知識とブレーン(職人さん達)を結集して、アンティークに囲まれて暮らす家を建築します。

試行錯誤に四苦八苦...。
果たして家は建つのか?
どうなることやら^^;

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。