スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます。^^
にほんブログ村 住まいブログへ  

床壁天井、最初の一歩

アンティーク・ヨーロッパキッチン雑貨 cuivi 店主のTomoです。

設計士である夫と二人でフランスアンティークが自然と調和する住まいを目指して、自宅をプランし建築しています。
設計は夫。インテリアデザインは二人で。
建築材料は直接バラ発注し、日頃からおつきあいのある職人さん達と息を合わせて造り上げます。

このブログでは、そんな我が家の竣工までの足跡を備忘録として綴っています。

どうぞお付き合いくださいませ。^^

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*


私が現場に行けるのは、10日〜2週間に一度ほど。
それでも、ゆっくりとしか変化を感じることが出来ないのは、内装と外装部分に辿り着かないことが大きいです。

実はこの間も、電気屋さんや外壁の下地屋さん、瓦屋さんなど入れ替わりながら進行しています。
私たちは職人さん達から上がってきた質疑に応答し、タイミングを合わせながら材料の発注。
相変わらず家のベースとなる部分をコツコツですが、そんな段階から少しずつ次のステップへ移っていく要素も加わってきました。

内装の基本は床壁天井ですが、その最初の一歩、床が仕上がりました。^^

フレンチヘリンボーンの張り始め

これは一ヶ月ほど前、張り始めた頃の様子です。

リビングルームのフレンチヘリンボーン。素材は硬い材質のアカシアを選びました。

「ヘリンボーン」は寄木張りのひとつで、そのまま、ニシンの骨の意味。魚を開いたときの骨...という見たままのイメージからつけられたネーミングです。
一般的には長方形の床板をそのまま角を合わせながら張りますが、フランスの場合は写真↑のように、そもそも細長い菱形のような形にカットしたものを組み上げて行きます。

現在は全てを張り終え、保護のために床一面に養生シートが被せられているので、その全貌を見ることが出来るのは引越し後のことになりそうです。


階段もできました。^^

階段ができました

これまでは、2階に上がるのにも脚立で上がっていましたが、とても楽になりました。

(赤く見えているのは、断熱材。九州の暑さに耐えるため厚さ120mmを使用しています。)

小さな家の中で面積をとってしまいがちになる階段を、コンパクトに印象的に配置するよう、一段一段の高さと踊り場のバランスは悩みましたが、高齢になった時の膝への負担を優先して緩やかになるよう計算しました。

結果、正解。軽快に上り下りできています。^^

階段を上り下りしてみる

階段は家の表情としても大きな要素のひとつ。
自由に行き来できるだけで、家らしくなったように感じます。

先日はユニットバスも取り付けられました。(お風呂やトイレまではアンティークとはいかないので、現実的です。^^)


そして、現在の外観はこんな感じです。

外観_外装の下地

レンガを貼るための下地まで仕上がりました。

玄関のドアはアンティーク。重厚な教会の扉です。
補修&補強前なのでステンドグラスが割れないよう、ダンボールやテープをベタベタと貼り付け即席養生。

ご近所の方々には
「仮設のドアなんでしょ? いつ本当のドアをつけるの?」
と囁かれています。^^;


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます。^^
にほんブログ村 住まいブログへ  

スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

プロフィール

cuivi

Author:cuivi
アンティーク&モダンキッチン雑貨 cuivi 店主のTomoです。

ハウスメーカーには依頼せず、設計士の夫と共に私達なりの知識とブレーン(職人さん達)を結集して、アンティークに囲まれて暮らす家を建築します。

試行錯誤に四苦八苦...。
果たして家は建つのか?
どうなることやら^^;

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。